気軽に食べられる豚肉料理

三重県の四日市という町では【トンテキ】という食べ物が地元の名物料理となっています。

豚肉のブロック肉をニンニクソースで炒めたものです。
肉の部位としては肩ロースになると思います。
それに切り込みを入れて焼いたもので、その形から【グローブ】と呼んでいる人もいます。

さて、このトンテキですが市内のあちこちの食堂で供されています。
それぞれの店が独自の味を売りにしていますが、ここで紹介する【あさひ食堂】も同様に、お店独特の味に仕上がっています。

店は近鉄四日市駅の北口から歩いて2分ほど。
諏訪栄商店街という所の入り口付近にあります。
わからなければ駅前で聞いてください。
四日市の人ならばほとんどの人が知っている老舗の食堂です。

実はこのあさひ食堂はトンテキの店としても最近有名になっていますが、もともとは一膳飯屋というのでしょうか、ショーケースに入った好きなおかずを自分でもっていって食べるスタイルの店でした。
もちろん注文してうどんなども作ってもらえますが、手っ取り早く食事をしたいサラリーマンなどにはありがたい店でした。
店内にはテーブルが10ほどあったと思います。

さて、本題のトンテキですが値段は今でも価格が変わっていないとすれば1100円です。
もちろん好きなように食べればいいのですが、私の好きな食べ方は一緒についてくるキャベツにたっぷりのソースをからませて、それをご飯と一緒に食べるという方法です。
なぜかトンテキのタレにはキャベツがよく似合うのです。
それだけでもどんぶり飯が軽く2~3杯は食べられると思います。

もちろん肉もおいしいです。
ニンニクがたっぷり効いていますのでスタミナ満点という感じです。
もともと四日市でトンテキが生まれたのは、四日市のコンビナート工場で働く労働者の人にスタミナたっぷりに料理を食べてもらおうと思って考えられたメニューである、と聞いたことがあります。

近鉄四日市駅は近鉄特急も停車しますから、名古屋や大阪、伊勢方面へ旅行するついでに立ち寄ってもらうのに便利です。
一度食べに来てください。

お役立ちサイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ